いざという時に役立つ、公正証書の作成方法

慰謝料が支払われなかった場合

慰謝料が支払われなかった場合

離婚する時に相手が慰謝料を支払う決まりになっていても、それが100パーセント守られるとは限りません。
万が一守られなかった場合は、強制執行ができるように公正証書を作成していた方が良いです。
強制執行をする方法はそれしかありません。
具体的にどのような方法なのかというと、相手に慰謝料を支払うお金がなかった場合は自宅にある家具や住宅そのものを売ってお金に換えなければいけない方法になります。
すると慰謝料を支払うだけの金額を準備できると思うので、正しい金額を受け取ってください。
住宅を売った場合は相手の今後の生活が不安定になりますが、すでに別れた相手ですから特に気にすることもありません。
むしろ万が一の事態が起こった際は、問答無用で強制執行という手段を使うと前もって行っていた方がプレッシャーを与えることができるので慰謝料を支払ってもらえる可能性が高いです。
公正証書を作成しておかないと、相手が約束を破った時に対応できません。

作成は義務ではないことを知っておく

ほとんどの夫婦が離婚をする際に、公正証書を残しています。
身の回りに離婚した経験を持っている人がいたら、作成したのか聞いてください。
その人もきっと残しているはずです。
そのようにみんなが制作している場合は、自分も離婚する時に作らなくてはいけないと思ってしまう人も見られますが実は異なります。
必ず作らなくてはいけないものではないので、相手と話し合って確実に慰謝料を支払ってもらえる確証がある場合は作らなくても良いでしょう。
無料で作れる訳ではないので、無駄な出費を抑えて早く相手と別れたい人は、作らない選択をしている人も見られます。
むしろ自分が慰謝料を支払う側の場合は、少しでも支払いが滞ると相手が強制執行を使いそうで怖いと思いますよね。
公正証書の作成をお任せする
相手も別に作成しなくて良いと言っていた場合は、作らない方が安全な場合があります。
公正証書の作成は義務ではないので、デメリットとメリットをよく知ってから作るか話し合ってください。

Comments are closed.